読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kawaz広報ブログ

札幌ゲーム制作者コミュニティKawaz(http://www.kawaz.org)の広報ブログです

オリジナル対戦型カードゲーム『Arcane -Eclipse-』の頒布をしました!

去る11月2日、3日に東京ビッグサイトで行われた『DESIGN FESTA VOL38』にて、Kawazメンバーが中心になって制作した、カードゲーム、『Arcane -Eclipse-』 が頒布されました。

Project Arcane

f:id:kawazblog:20131124064129j:plain

f:id:kawazblog:20131124061323j:plain

当日のイベントの様子

どんなカード?

総勢25名のイラストレーターが、神話を初めとした様々なモチーフのイラストをカード化しました。

また、各カードには裏表に「太陽」と「月」2つのプレイヤーのモチーフが描かれており、絵柄の総数は総計72種類にも及びます。

f:id:kawazblog:20131124061629p:plain

f:id:kawazblog:20131124061631p:plain

f:id:kawazblog:20131124061636p:plain

f:id:kawazblog:20131124061638p:plain

ゲームのルールは?

『Arcane -Eclipse-』は鑑賞するだけでなく、対戦ゲームとしても完成度が高い物に仕上がっています。

対戦ゲームのルールとして『ファイナルファンタジーⅧ』のミニゲーム、『トリプルトライアード』に着想を受け、似たようなルールを採用されています。

ゲームの目的

3*3の9マスのプレイシート上に交互にカードを出していきます。カード右上に描かれている数字により、隣接したカードとバトルを行い、勝利したカードを裏返して自分の手札にすることができます。

プレイシートが埋まった時点で、過半数以上を自分の手札にしたプレイヤーの勝利。シンプルルールでサクサク遊べます。

バトルについて

基本ルールは右上に書かれている隣接した数字を比較し、数字が大きなカードが勝者となります。負けたカードは、裏返され、相手の持ち札となります。

ゲーム終了時に、カードを多く集めたプレイヤーの勝ち。

f:id:kawazblog:20131124064119j:plain

特殊ルール

数字の強弱だけではなく、同じ属性のカードを固めて数値をプラスする「ウォークライ」、連続して複数のカードをひっくり返す「アンブッシュ」など、全4つの特殊ルールの把握が勝負のカギになります。

詳しくはこの記事を参照してください。

Project Arcane - Rules

遊んでみた感想は

本稿筆者が遊んでみました。

まず第一にカードの数値合計は、だいたいどれも同じになるように調整されているので、カードが隣接し得ない、マップ端や4隅に小さな値が来るように配置していくのが基本戦略。

一見すると、9枚のカードを置いていくだけのシンプルなゲームなのですが、慣れれば慣れるほど、戦略性の奥深さに唸らされました。

特に特殊コンボの「アンブッシュ」によって一発逆転も容易で、多くのカードが毎ターン奪い合われるというダイナミックな勝負が展開されます。そのため、常に相手の次の手を考慮し続けなければなりません。

相手プレイヤーの手札は公開情報なので、上級者同士の対戦になると、相手プレイヤーの手札を見て、最善手を考える戦略が非常に重要になってきそうです。

最適なカードの置き方を考えるためにプレイヤーの実力差が現れる一方で、最初の持ち札5枚の組み合わせ、という運要素を持ち合わせており、運を実力で制御していく、ポーカーのようなテクニカルなゲームに仕上がっています。

購入したい方は?

12月30日のコミックマーケット 85』2日目、東I 36-a 「イタドリマニア」にて再度頒布されます。

1000円の基本セットの他、対戦用の2セットと特典のついたEclipseセット(2000円)が頒布されます。

ご興味のある方は是非ともお買い求めください。

Project Arcane - Members

また、Kawazメンバーによるデジタルゲーム版の開発も予定されています。お楽しみに!